年収400万の彼から貰った婚約指輪は、金の指輪と金の延べ棒です

 

彼がサプライズでくれた婚約指輪は金の指輪と金の延べ棒でした。

「金の価値が上がっているからこれからはダイヤモンドではなく、金を身につけた方が良い」と言われました。

なんの宝石も付いていないおばあちゃん臭い指輪ですが、とりあえず金は価値が下がらないと聞くし満足しています。
価格は7万ほどしたそうです。

ノーブランドだそうで、ヤフオクで購入したと言われました。

何気にショックです。
ヤフオクって、、w

ちなみに延べ棒は金の自動販売機があるらしくそこで10万で買ったそうです。

金の延べ棒は足裏マッサージに使っています。何気に気持ちいいです。

友達は婚約指輪60万、結婚指輪に100万とそれぞれ2つも買ってもらっていてちょっと嫉妬しました。

ですがこの指輪がいつか倍以上の価値になると信じて大切にし続けたいと思います。

彼は当時32歳、私は26歳で今もですが彼は一攫千金を狙って株やら金やら不動産投資やらに勉強しています。

よくわかりませんが借金しないか不安です。

最近は金ではなくマンションを買いたいとよく言っていますが、、、。

 

年収400万の彼から貰った婚約指輪は、0.3カラットのダイヤのリングです

 

0.3カラットのダイヤが一粒、左右2点でリングとつながっているプラチナの指輪です。

ダイヤの左右のリングは直線ではなく波型となっており、シンプルの中にも柔らかな雰囲気を感じさせるデザインが大変気に入りました。
元々雑誌で下調べをし、迷いすぎないようにイメージを固めて臨みました。

存在感はほしいけど、立て爪はあまり好きではありませんでした。

埋め込みタイプは普段にでも使えるけれど、ダイヤは光を通してこそ、埋まっているのはもったいない。

その間のようなデザインが希望でした。百貨店のアクセサリー売り場を一通り見て回り、初めに”これがいい!”と決めていたものを選びました。

マーガレットハウエルで30万円の指輪でした。ダイヤの大きさは選べましたが、サンプルのものと同じにしました。

納品後、イメージが違ったり、思っていたよりも・・・となるのが怖かったためです。
内側には刻印を入れてもらい、こんな素敵な指輪を買ってくれてありがとう。一生大事にしますと心に誓いました。
当時、彼は30歳、私は26歳。価格も相応かなと思ったのを覚えています。