700万の結婚式は、ディズニーシー・ホテルミラコスタで結婚式を挙げました

 

ディズニーシー・ホテルミラコスタで結婚式を挙げました。
挙式は人前式。

招待客は50名程で、披露宴ではキャラクターがケーキカットに駆けつけてくれたり、ショーでお祝いしてくれるプランです。
オプションを一つ付けました。

挙式後にディズニーシーのアトラクションのヴェネツィアンゴンドラまでパレードをし、ゴンドラに乗ってカンツォーネを聴きながらシャンパンで乾杯という贅沢なものでした。

ディズニーシーに遊びに来ている方々にもお祝いの声をかけてもらえて、とても嬉しかったです。

費用の分担は、主人と私で半分ずつとしました。

やはりディズニー婚は、料金設定が何をするにも高いと思います。

ドレスもレンタルをするより、オーダーメイドで作るほうが安いと分かり、持ち込みにしました。

レンタルしたのはお色直しのドレス1着です。

招待客一人当たりの単価も高額でしたので、やはり赤字になりました。

ですが、一生に一度の結婚式ですし、主人と私のお互いが好きな場所で結婚式を挙げられたことは、何にも代えられない良い思い出になりました。

遊びに行く度に結婚式のことを思い出せるのも良いですね。

息子がもう少し大きくなったら、一緒に遊びに行くのが楽しみです。

ちなみに、その時の主人の年収は400万弱だったと思います。

 

700万の結婚式は、参加してくれた方を笑顔にする結婚式

 

国内のゲストハウスで結婚式を挙げました。新郎新婦含めて90人ほどでしたがお互いの会社関係が20人ほどを占めたため、引出物の費用等も高く、費用は600万円を少し超えるくらいでした。

私は28歳でしたが周囲が結婚ラッシュで呼んでもらうことが多く、友人たちと被った結婚式をしたくない、オリジナルがいいという思いと、1日何組も挙げているホテルウエディングには興味がなかったことからゲストハウスとなりました。

選んだ会場では映像の演出や光の演出が素敵でオプションを付ければ付けるほど高額にはなりましたが、忙しい中来てくれる方が「楽しかった」と言って笑顔で帰ってくれる姿を想像し契約しました。

私達が大好きなディズニーのアラジンを意識した会場にし、雑貨店で小物等の購入もしました。

もちろん食事や飲み物は通常プランより金額を上げて自分たちが納得いくようなものにしました。

節約したところはペーパーアイテムですが、自分達で探しに行き、テーマに合ったものを作成できたので式場で依頼しなくて良かったと思います。

さらに引出物は式場ではなく自分たちで割引のきくネットで注文し、同じ金額を払ってもより原価の高いものを渡すようにしました。

費用はお互いの親族が合わせて200万、先に入籍していたため2人で貯めていた貯金を200万、ドレスの金額が大きかったので私の貯金を200万円ちょっと出しましたが、ご祝儀が返ってきたので個人的な支払いはなくなりました。

当時の彼も私も年収は400万円程です。