私の親へ結婚の許しを貰いに行く際、婚約指輪がないとしめしがつかないと言って、指輪を買ってもらいました

 

私の指のサイズが分からなかった彼は婚約指輪を購入する前にプロポーズをしてくれ、私は結婚を承諾しました。

指輪はプロポーズの時に渡すものというイメージを彼が持っていたためか、彼は婚約指輪の必要性を感じていなかったようですが、私はまだ婚約が二人の口約束だけなので、婚約指輪という形のあるもので誠意を表わしてもらうために必要なものだと思いました。

また女性ならほとんどの方が憧れるもので、友人に見せびらかしたいという気持ちも正直のところあります。

私の父が固い性格の人ということもあり、結婚の挨拶の際に指輪をしていた方が彼への印象も良い気がしました。

ちゃんと娘を大切にしてくれそうな良いイメージかつくかなと思いました。

もちろん女性としての婚約指輪への憧れもありますが、世間体やちょっとした見栄のために欲しい部分もあったように思います。

なので、とくに指輪の値段やデザインにこだわりはありませんでした。

婚約指輪はサイズを合わす為に一緒に買いに行きました。

価格は50万円までと彼は言ってくれていましたが、私はその気持ちだけで十分嬉しかったので40万円くらいのものにしました。

そのときの彼の年収は400万円ほどでした。婚約指輪は女性の価値を高めるものだと思います。

 

一生に一度の高価なアクセサリーのプレゼントなので、彼にお願いして婚約指輪を買ってもらいました

私は昨年彼より婚約指輪を頂きました。

元々アクセサリーは全く付けませんが婚約指輪と結婚指輪には憧れがありました。

左手の薬指に付けられる指輪は婚約指輪と結婚指輪しかないし結婚指輪はシンプルな指輪がほしく、婚約指輪はダイア付きのもので重ねづけをしたいと思っていたのでどうしても婚約指輪がほしかったです笑

結婚指輪をエタニティリングでダイア付きの指輪にしてもよかったのですが、そこは彼とおそろいでシンプルに揃えたかったのでそれを彼に伝えて買ってもらいました。

頂いた婚約指輪はハリーウィンストンのエタニティリングで値段は50万円いかないくらいでした。

ハリーウィンストンにすごく憧れていたのでとても嬉しかったです。

他のエタニティも一応見学に行きましたが私は手が小さいので幅が太いエタニティは似合わず、華奢なデザインのハリーウィンストンに決めました。

夜景でも日中の日差しの中でもすごくキラキラするので毎日眺めるのが嬉しいです。

当時の彼の年収は恐らく500万~600万円くらいだと思います。

一生のうちでダイアつきの高価な指輪を好きな人から頂ける機会はないし常時付けられる指輪なので毎日付けられるので頂けてよかったと思います。

頂くまでに結構説得というかワガママというかを言ってしまい少し彼には迷惑をかけましたが、結果オーライかと思います^^;お返しは5分の1ほどの値段の革小物の予定です。