年収500万の彼と、結婚式や新婚旅行はどうしたのか見てみましょう。

年収500万の彼と、国内で挙式と新婚旅行に行きました

 

年収500万円でも婚約指輪も貰ったし、新婚旅行にも行きました。

大阪市内にあるグリーンチャペルという式場で、60~70万円くらいのリーズナブルな挙式をあげたました。

招待したのはお互いの親族だけで、友人などは一切招かなかったです。

私も旦那も友達が少ないほうだし、何かと騒がれるのが嫌いなので、こういうこじんまりとした挙式タイプのほうが合っていたのです。

新婚旅行は国内で九州へ1週間行きました。

大阪からはかなり時間がかかりましたが、平日だったこともあり、それほど運転は苦にならなかったです。

費用は30万円以内に設定して、もしも予算がオーバーするようであれば、早めに帰ってくることを予定していました。

挙式の費用は式場に支払った金額が100万円以下で、披露宴ではなく、式場と連携していう料亭での食事会にしたことで安く済ませることができました。

ウエディングドレスのレンタルや、挙式前に撮影するカラードレスの写真撮影も出来たので、すべてがスムーズに進んでとても使いやすい式場でした。

若かったので年収も少なく、豪華な挙式を行うことはありませんでしたが、チャペル内の動画も残してあるので記念になりました。

旦那から貰った婚約指輪の値段は知りませんが、けっこう高価なものを選んでくれたようです。

最後に結婚式から新婚旅行までの総費用は200万円以下ということで、サービスも充実した安い費用の挙式スタイルは人気があるのではないかと思います。

 

年収500万の彼と、新婚旅行はハワイへ、挙式は主人の実家の静岡で行いました

挙式は主人の実家がある静岡で行いました。

当時私は富山県に住んでおり、主人は和歌山県に住んでおりました。

それでも主人の両親の強い意向で決まりました。準備は正直大変だった記憶があります。

費用は挙式、披露宴で300万円ほどでした。

挙式費用としては主人の母が式場の互助会に入っていたのでゲストの料理の費用や部屋代などで割引があり割と安く抑えられていました。

また衣装も主人の母の紹介で貸衣装やさんで安く借りることができました。

しかし私側のゲストは県外からの人が多かったのでバスをチャーターしたり宿泊する場所を用意したりとそちらの費用が結構かかりました。

新婚旅行はハワイへ3泊5日で行きました。時期は繁盛期をさけたため費用は50万円程でした。

本当はもう一泊くらいしたかったのですが、主人の仕事の休みをとることができなかったため3泊が限界でした。

そのため、ホテルはオーシャンビューの割とランクの高いホテルを選び、様々なオプションもつけることができました。

例えば二人でうけるマッサージであったりディナークルーズなどです。