一生に一度の婚約指輪がどうしても欲しい!私もその中の一人でした。

そんな女性の熱い思いを聞いてみました。

また、その時貰った婚約指輪の価格と、彼の年収も聞きました。

婚約指輪が欲しくて、結婚指輪はいらないから婚約指輪が欲しいとだだをこねた

 

20代後半になると私の周りの友達がどんどん結婚していきました。

20代前半まで私は「ずっと独身で仕事一筋でがんばるわ」などといっていましたが、周りの友達が次々を結婚していく中、私もやはり結婚したいと思うようになっていました。

そんなある日、久しぶりに会った友達が「近々結婚するんだ」と言って左手の薬指にはめた婚約指輪を見せてくれました。

彼女は私と同じで以前は「一生独身のままで生きていく」と言っていたのですが、急に心変わりしたようです。

そのとき彼女の指に輝いていた婚約指輪がきれいでとても印象的でした。

彼に愛されている証のような感じがしてとっても羨ましく思いました。そして私も婚約指輪をもらいたいと強く思うようになりました。

それでそのときから真剣に婚活をするようになって、合コンや婚活パーティーに積極的に参加するようになりました。

そしてその甲斐あって私にも彼氏ができ、結婚することになったのです。

彼の年収は350万円でした。

高給取りではないので婚約指輪を買ってとは言い出しにくかったのですが、私はどうしても欲しかったので「婚約指輪ほしいな」とちょっと甘え気味で言ってみました。

最初は「結婚指輪だけでいいんじゃない」と彼は言ったのですが、友達がしていた婚約指輪が素敵で、私も絶対婚約指輪が欲しかったので「結婚指輪はいらないから婚約指輪が欲しい」とだだをこねたように言いました。

そしたら彼は「わかった」といって後日買ってくることになりました。

でも指輪は彼だけでは選べないと言うので、私も一緒に買いに行きました。

そしてダイヤモンドがついた指輪を買ってもらいました。

値段は30万円でした。私にとっては高級すぎる気もしましたが、一生に一度の買い物だから彼も奮発してくれました。

その後職場にその指輪をはめていったところ、「素敵な指輪ね」といって褒められたので嬉しかったです。

まだ独身の子たちは「私も婚約指輪が欲しい」と言っていました。ちなみにその後、彼は結婚指輪も買ってくれました。