どうしても婚約指輪とプロポーズが欲しくて、キッパリと伝えました

 

私が今の主人と婚約したのは、約5年前です。当時、主人はプロポーズさえしないようなタイプの人で、婚約指輪なんて絶対もらえないと思っていました。

だけど、私は昔から記憶に残る素敵なプロポーズが理想だったし、もちろん婚約指輪だって欲しいタイプでしたから、何とか説得して彼を変えたいと思っていました。

婚約したの!と周りに指輪を見せたかったし、婚約指輪があればプロポーズの瞬間を鮮明に思い出すことが出来そうだし、何より婚約指輪って当たり前にもらえる物だと思っていたのです。

結婚するでしょ?いつしよっか?みたいな結婚に対しての会話は日常的によく彼から出ていて、プロポーズを改まってする気がなさそうだったので、プロポーズしてくれなくちゃ結婚はしない!と言い切りました。

そして、どんなに安くてもいいから、指輪をそえてプロポーズして欲しいとキッパリと伝えました。

彼から結婚の話しがこんなに出ていなければ、絶対に言えなかったですけどね。

渋々でしたが彼は承諾してくれて、あとは私はプロポーズを待つだけになりました。

そんな彼がプロポーズしてくれたのが、クリスマスの日でした。ありきたりですが、イルミネーションを見にいって、そこで婚約指輪を渡されたのです。

当時、主人の年収は多分まだ300万円程だったと思いますが、頑張って30万くらいの婚約指輪をプレゼントしてくれました。

婚約指輪を貰えれば良かったので、もっと安くても良かったのにと思いましたが、主人の頑張りが嬉しくて泣けましたね。

お出掛けするときには必ず着けると約束して婚約う指輪を買ってもらいました

婚約指輪を買ってもタンスの肥やしにするのなら絶対に買わないと言われ、お出掛けするときには必ず着けると約束して買ってもらいました。

彼のお母さんも妹さんも、職場の上司の方も、結婚指輪か婚約指輪のどちらかのみを着けているそうで、私だけがわがままを言っているかのような気持ちにもなりました。

けれど、私は婚約指輪も結婚指輪も両方欲しいし、両方買ってくれない人とは結婚したくないと思いました。

それも、婚約指輪に関しては、大きなダイヤモンドが付いた指輪でなければ欲しくありません。

わがままで欲張りで嫌な女だと思われたとしても、絶対にそうでなければ納得しないつもりでいました。

指輪を買ってくれなければ、この先一生死ぬまで、あの時買ってくれなかったと言いつづけてやるつもりでいました。

婚約指輪とは、彼の決意の現れだと思っています。

私を嫁にもらい受けて、一生大切にするという大きな決意なのだと。

何十万もする高価な指輪を受けとることで、私自身も一生をかけて彼を支え幸せな家庭を作りたいと、しっかり心に決めることができました。

この先嫌なことがあったとしても、こんなに素敵な物を貰ったんだったと思い出すことで、乗り越えられると思うのです。

彼から貰った指輪は約35万円で、年収は700万円です。