結婚当初、年収600万の彼の職業はサラリーマンです

 

彼は結婚したときは年収550万いかないくらいでした。

そのときから転職することなくサラリーマンとして働いています。

地元では有名な企業で、上場もしています。会社では工場に勤務し、パソコンなどの電機製品の開発を行っており、現在でも同じようなことをしています。

旦那さんが24歳、私が23歳のとき新入社員として入社したときに知り合いました。

私は旦那さんの会社のグループ会社に入社し、同期として社員研修などを行い、そのときに仲良くなりました。

私はそのグループ会社で水質検査などの技術者として働いていました。

婚約は付き合って1年半くらい、結婚したのは付き合って2年すぎ、旦那さん27歳、私25歳のときでした。

現在旦那さんは入社8年目になります。その間に子供が二人産まれました。

私は一人目を出産するときに退社したのでそれ以降旦那さんの扶養家族になりました。

それが入社3年目すぎのときです。

扶養家族が増えると手当てもどんどん増えていくので、現在はこの扶養手当てが配偶者と子供二人分、住宅手当てなどの手当てが増えたのに加え、職務のランクもあがっているため月給も上がっています。

そのため昨年度の年収は650万くらいです。

結婚したときに比べるとボーナスの給料○ヶ月分というのは減っていますが、月給が高くなっているので手取りとしては増額しています。

結婚した当初、私も正社員として働いていたので旦那さんの手取りは600万はなく、二人合わせて800万前後でした。

結婚当初、年収600万の彼の職業は商社マンです

年収600万の彼の職業は、商社マンです。

お恥ずかしい話、はっきりとは旦那の職業をわかっていません。

知り合って3日で結婚を決めたスピード結婚でした。

式を挙げるまで半年の月日があったので、その時に旦那の人柄を再確認して結婚して良かったなと思っています。

旦那は中途採用の商社マンです。出張がとても多く、帰りも遅いので忙しい毎日を送っています。

知り合ったのは32歳の時でした。旦那は年下で29歳です。

結婚して2年たつのですが、収入ははっきりとはわかりませんが50万ほど増えたみたいです。

今は共働きですが、海外に転勤になるかもしれないし、この先のことも考えていまから貯蓄に励もうと思います。