年収800万の彼から貰ったのは、カルティエのエタンセル ドゥ カルティエ クラシック ウェディング リング

 

彼から貰ったのは、カルティエというブランドで、エタンセル ドゥ カルティエ クラシック ウェディング リングのピンクゴールドの指輪を貰いました。

カルティエでは結婚指輪の部類に入るようですが、全体にダイヤが埋め込まれていてとても華やかなので、婚約指輪用として使いたいと思い、これに決めました。
ダイヤモンドが38個散りばめられていて、カラット数は合計で0.47カラットになります。

費用はいくらか自分は知りませんでしたが、調べたところ消費税込みで572,400円でした。これだけ高額だとは知らずにちょっとびっくりしました。
婚約指輪のブランドは憧れのカルティエとずっと決めていました。

店舗で色々な指輪を見せてもらいましたが、ひとつ石のダイヤモンドリングは家事をするときなどにつけづらく、タンスの肥やしになりやすいと職場の同僚のおばさまたちがよく言っていたので、それ以外のデザインがいいかなと思っていたときに全体的にダイヤがちりばめられたデザインが、控えめっぽく見えつつとても可愛くて良いなあと目をひきました。

実際につけてみると、思っていた以上に手にすっと馴染む感じがあり、即決に近い感じでした。
プラチナ、ホワイトゴールド、ピンクゴールド、ゴールドとそれぞれ迷いましたが、自分の手元に一番しっくりくる感じがピンクゴールドとホワイトゴールドで、ピンクが好きなのでピンクゴールドに決めました。

結婚して数年経ちますが、とても気に入ってつけ続けています。