年収800万の彼から、ブランド forever markの婚約指輪を貰いました

 

彼から貰った婚約指輪はブランド品です。forever mark 0.25c で30万円です。

主人がよいと思って購入してくれました。

なぜこの婚約指輪にしたのかを聞きました。

①定番ではないから
②世界で一つの指輪というキャッチフレーズが気に入ったから
③家から近い場所にあったから
だそうです。

それぞれの詳しい理由を聞きました。以下は主人の話です。

①色々と見て回りましたが、4C、ティファニーは定番で、フォーエバーマークはあまり聞いたことがなかったので、興味をもちました。「人とは違う」ことに魅力を感じました。

②「ダイヤモンドブランド、フォーエバーマークは、従来のダイヤモンドの評価基準4Cを超えるあらたな約束をお届けします。

世界で最も厳選されたダイヤモンドとして、その厳しい基準を満たすのは、世界中のダイヤモンドの1%未満。

その約束の証として、フォーエバーマーク ダイヤモンドには、そのひとつひとつにアイコンと個別認証ナンバーが印されており、あなただけのただ一つのものであることを表しています。」との話が心に突き刺さり、このダイヤモンドがいいと思いました。

やはり、一生ともにいるパートナーには、特別なものをプレゼントしたいと決めていました。逆に形は定番の立爪を選びました。これぞ、婚約指輪!だと思いましたので。

③これは恥ずかしいのですが、他にも気になったものは正直ありました。しかし、仕事が多忙ですので、近場は魅力的でした。とはいっても、通販は絶対に嫌でしたから、自分で見に行きました。

 

年収800万の彼から、ティファニーの50万程度のシンプルな婚約指輪を貰いました

彼の年収は800万程度でした。当時はティファニーが流行っていたので、そちらで購入してくれましたが「三ヶ月分……」というような流行りは私自身がばからしく、一緒に見に行って、好きなデザインのものを優先して買ってもらいました。

合計0.8カラットで、仕事をしても指に引っかからないような小粒ダイヤが全面にデザインされたものです。

50万程度だったと記憶しています。

当時は上向きの時代だったので、もう少し無茶も出来ましたが、注文住宅を購入したいということ、すぐにでも子供を持ちたいということ、その子育てのために暫くの間、専業主婦として頑張ろうという話がついていたので、私としては納得の金額でした。

店員さんはギラギラした感じの指輪をしきりに勧めていらっしゃいましたが、選択したものは普段から付けていられるので、とても良い選択だったと思います。

大きな石にこだわった友人は、家事の邪魔になるし、付けていく場所がないと愚痴っていました。

それもまた嬉しい自慢の種かもしれませんが……。

何十年も付き合うものなので、出来るだけ飽きのこないデザインで、かつ個性のあるものを選ぶよう心がけたことが成功したポイントだと思います。