年収800万の彼がくれた婚約指輪はどんな指輪でしょうか?

見ていきましょう。

 

年収800万の彼がくれたのは、クラシカルなデザインの1カラットリングです

 

当時の彼は合理的なお金の使い方をする人でしたから、ひとたび結婚生活が始まってしまえば余り着ける機会のない婚約指輪は要らないのではないか?その分普段使いする結婚指輪や新婚旅行にお金を使いたい、買うにしても婚約指輪は値の張る物ではなくていいという考えの持ち主でした。

しかし、女性にしてみれば一生に一度しか頂く事のない指輪です。

結婚指輪はもちろんですが、日頃着ける機会のない婚約指輪だからこそ買って欲しいという気持ちがあります。

可能な限り良い婚約指輪を買う事で自分の対する愛情表現をして欲しいですし、大切な席に呼ばれた時など、いざという時に晴れ晴れと凜とした態度で臨めるよう、普段は着けない物だからこそ、あえてそこにお金を掛けて欲しいのです。

多くの女性にとって婚約指輪を貰うという事はその後の結婚生活を左右する位とても重要な事ですし、貰うにしてもどここのブランドでどの位の値段の物かという事がまた譲れない部分にもなって来ます。

私の婚約指輪へのこだわりはブランドの希望こそなかったものの、ただ1点、少なくても1カラットはある物であって欲しいというものでした。

1カラットのダイヤとなるとそこそこのお値段になってしまうのですが、そこはどうしても譲れなかったので、彼とも相談の上、婚約指輪という神聖で厳かな雰囲気に合うブランドとしてTiffany & Co.に焦点を当て、そちらにてぴったり1カラットのラウンドブリリアンカットのダイヤモンドリング、お値段にして180万円程の婚約指輪を頂く事が出来ました。

日頃は出番の少ない指輪になりますが、持っているという事実は女性にとって愛されている自信に繋がりますし、時折出して眺めたり、たまの記念日に着けたりする事でまた新たな力を貰えているような気がしています。

結婚から数年が経った今でも夫婦が仲良く暮らせているのは、女性である私の思いと希望とを優先し、無理をしてでも買って欲しいと願う婚約指輪を即決にて購入してくれた彼と、今でも手元にあるその婚約指輪のお陰だと思っています。

希望した婚約指輪を贈って貰えて本当に良かったです。

年収800万の彼がくれたのは、ケイウノのシンプルな0.3カラットのダイヤの婚約指輪

婚約指輪ですが、私たちの場合は結婚が決まった後に2人で買いに行きました。

というのも、プロポーズが「実家に挨拶に行ってもいい?」と言われて「結婚する気がないのなら、挨拶は断って下さい」と言われての結婚でしたので、私の実家は先に主人が挨拶にきて、結婚が決まり、次は顔合わせも兼ねた結納の準備をしましょうという間に婚約指輪の事を言われました。

結納もする事になっていたので、私的には婚約指輪はいらないと思っていたのでその旨を主人に伝え、それでしたらという主人から私への提案で「結納と婚約指輪を全て含めて100万円だと考えているけどどう?」と言われ、これを了承し、婚約指輪と残りの現金で結納をする事になったので、その100万以内だったら好きなのを買ってと言われて、一緒にみにいきました。

色々見たのですが、結婚当時が26歳だったので、あまり大きな石は似合わず、大体欲しいと思う価格帯は20万〜35万の間でした。

もう少し高いのになると、石が大きすぎて使わないだろうと思いました。主人は大体50万だと考えていた様で「一生の事だからもう少しいいのでもいいよ」と店員さんの前で言われ、店員さんからも色々と話を聞きましたが、何度も悩み、やはり一生使える物にしようと思い、1番気に入った物にしました。

ちなみにもう1つ悩んだのは、エタニティリングです。結婚指輪と重ね付けもでき、可愛いデザインが多かったです。

最終的に選んだものはケイウノの0.3カラットの本当にシンプルなリング部分がストレートのシンプルな婚約指輪です。

真ん中に綺麗にカットされた一粒ダイヤが乗っていて、すごく華奢で可愛いデザインです。値段は約35万円でした。

私のデザインはあまり普段使いには向かないので、普段使いできるエタニティリングと本当に迷いましたが、昔から婚約指輪のイメージがまさに私の買った一粒ダイヤのストレートのタイプのリングだったのでこれにしました。

今は、結婚式やちょっとした親族間でのお呼ばれの時に婚約指輪を付けているので、本当にこれにしてよかったです。一生大切に使いたいと思います。