次は、年収500万円の彼から貰った婚約指輪を見ていきましょう。

ここまでくると、だいぶ選択肢が増えてくる気がします。

年収500万円の彼からは、ティファニーのセッティングを婚約指輪に貰いました

 

当時年収500万円台だった彼からもらった指輪は、一緒に選びに行きました。

予算を聞き、だいたい50万円ぐらいであれば良いと言われたためその価格帯で探しました。

ティファニーの指輪には以前から憧れがあり、他のブランドに比べて価格帯の幅も広く選択肢が多く、着けてみた感じも一番しっくりとくるものでした。

大きさは0.3カラットのものにしましたが、その大きさに加えて石のランクによって価格が大きく変わり、その大きさで50万円で収めようと思うと、全てのランクを最高ランクにすることが困難であったため少し石のランクを落とし、大きさを維持することにしました。

結果的に0.3カラットは決して大きなダイヤではありませんでしたが、着けた感じがいやらしくなく、年齢に合ったものだと思います。

他のブランドでは、大人っぽい感じのものが多く、当時は大人っぽさよりもさわやかさを求めていたため、ティファニーの婚約指輪にしました。

また、店員さんの対応も良く、何度か足を運び着用させてもらった結果その指輪を選んだため、2人共が納得できる指輪を購入することができました。

ティファニーではセッティングとハーモニーの2つでどちらにするか迷いましたが、ハーモニーの場合はセッティングよりも普段使いしやすく、引っ掛かりなどが気にならないというメリットがありましたが、光を取り込む力が弱く、セッティングの方が同じ大きさのダイヤでもより輝きが綺麗に見えたためセッティングを選びました。

年収500万の彼から、ノーブランドの18金とダイヤモンドのエンゲージリングをいただきました

ノーブランドの18金とダイヤモンドのエンゲージリングをいただきました。

18金台の真ん中に0.3カラットが1個とそのダイヤモンドの周囲(左右)に小粒のダイヤモンドが左右にそれぞれ5粒ずつ装飾されているリングになります。

当時の彼の年収は、だいたい500万円ぐらいだったと思います。

費用は、15万円程度だったと記憶しています。

エンゲージリングと一緒にマリッジリングも購入したのですが、ふたりで一緒にお店に行き、どちらのリングも自分の好きなデザインの物を選ばせてもらいました。

当時は、結婚後、エンゲージリングも一緒に重ねづけしよう、と考えていたので、どうしても自分の好きなデザインのものがいい、と、彼の意見はまったく聞かずに選ばせてもらいました。

結局選んだリングは、一目惚れした物で自分の好みにバッチリ合うデザインでした。

自分の手元に届いてからも、飽きる事なく何度も何度もひとりで眺めていられるぐらい大好きな指輪で、マリッジリングとの相性も抜群です。

いざ結婚生活が始まり、家事に育児に追われる生活になると、大事な指輪を普段に身に着ける気になれず、箱にしまってありますが、今でもここぞという時に身につけると、いつまでもじっと眺め自然と笑顔になっている、大好きな指輪です。