彼の年収が400万円の人はどんな婚約指輪にしたのか見ていこうと思います。

私が思ったよりも年収200万円の方も、年収300万円の方も立派な婚約指輪でした。

やはり婚約指輪は一生に一度の記念になるので、ちゃんと挙げる人が多いのでしょうか。

年収400万円の彼からいただいたのは4℃の婚約指輪でした

 
私たちが購入した婚約指輪は4℃というブランドのものです。

0.2カラットで25万円くらいだったと思います。このブランドにした理由は、安かったからというのもありますが、ローコストなのに手軽に変えると人気なブランドだからです。

婚約指輪はあまりつける機会がないと思ったので、そこまで高いものは求めませんでした。

ハイブランドの指輪がほしいとは確かに思いましたが、手ごろな値段でどんなものがあるか4℃に見に行ったときに、この指輪に一目ぼれして即購入。

今ではこの指輪にしてよかったと思っています。

私たちみたいに高収入ではないのにハイブランドを付けていると頑張った感がありすぎるので、見栄を張らないようにと気を付けました。

大体にして個人的にはブランドにこだわりわなく、自分に似合う気に言った指輪があればどこのでもいいと思っていました。

さすがにノーブランドの指輪は購入しようとは思っていなかったですが、あとあと冊子をみているとノーブランドでもローコストでお洒落なのがたくさんありました。

結局ブランドをしっかり機にしてみる人がいないので、自分たちさえよければそれでいいと思います。

特に私はものをすぐなくすタイプなので、高いのを買ってなくすとダメだと思うばかりにすごくストレスが溜まりそうなので、それも考慮してこのブランドに決めました。

夫もすごく気に入っているので買ってよかったです。要するに、値段より愛情が一番だということですね。

 

年収400万の彼から、ダイヤモンドが2つ付いた婚約指輪を貰いました

私が貰った婚約指輪は、ノーブランドの婚約指輪です。

ダイヤモンドが2つ付いていて0.2カラットと0.02カラットです。

価格は15万円の指輪でした。彼の当時の年収は400万円でした。

初めは彼が選んで私にくれる予定でしたが、サイズが分からなかった為、一緒に買いに行きました。

彼は20万円くらいのものをすすめてくれましたが、私は手が小さく子供のような手なので、よくある普通のリングに大きいダイヤモンドひとつが付いているデザインのものは、より指を太く短く見せる気がして、似合いませんでした。

実際に選んだ婚約指輪は少しウェーブのかかった細めのデザインリングに、大きいダイヤモンドと小さいダイヤモンドが寄り添うように付いていて、大人っぽくて、はめた時にリングが細い分、指が長く綺麗に見えました。

また2つ寄り添ったダイヤモンドがこれから結婚して夫婦になる私たちみたいに見えたので、その指輪を気に入り彼に買ってもらいました。

サプライズでいただくのも嬉しいですが、私はデザインにこだわりがあるので、一緒に選びに行けて良かったです。

より愛着が湧きます。