年収400万の彼から貰った婚約指輪は、一文字のダイヤの指輪

 

私が貰った婚約指輪は宝飾店で購入をしました。

ブランドはノーブランドで当時の価格は、30万円くらいでした。

カラットは1カラットだったと思いますが、かなり昔の話であまり詳しくは覚えていません。

この指輪にしたのは、石が出っ張っているのが好きではなくまた、付けていて引っかかったり取れてしまうのではないかという心配から一文字の指輪を買ってもらいました。

一文字の指輪は、見た目も派手ではなく私に合うかと思い選びました。

当時も今もですが、ブランド品にあまり興味がなかったのもありますが、ちゃんとしたお店でなら信頼ができると思っていたことから宝飾店で買ってもらいました。

何か所か回って色々見て、自分が気に入るデザインを探しやっとこれかな~って思える指輪を見つけました。

給料の3か月分とまでは行かなかったのですが、あまり大きすぎるのも好きではなかったので妥当な金額だと今でも思っています。

二度目に貰ったのもノーブランドですが、きちんとしたお店でした。

やはりダイヤで埋め込まれているデザインでカラットは多分、0.3くらいだとは思いますがはっきりしたことは分かりませんが、金額は5万円でした。

この指輪にした理由は、サイズの問題とシンプルな指輪が欲しかったので決めました。

サイズを詰めると切り口が付いたりしてしまう事もあると聞いたので多少の妥協も入っています。

埋め込みの方が、リングの太さもそこそこあるため変形もしずらいという思いもありました。

 

年収400万の彼から貰った婚約指輪は、STAR JEWELRYのダイヤモンドです

私が貰った婚約指輪は、「STAR JEWELRY」のデザインのもので0.3カラットのダイヤモンドで、とても指が綺麗に見えるようなデザインです。

リングがウェーブしているデザインのため、私のような太い指であっても指が細く美しく見えます。

価格は、28万円でした。

はじめに主人が考えていた予算は25万円でしたが、ほんの少しオーバーしても、私はこの指輪のリングのデザインがとても綺麗なウェーブした形で、ダイヤモンドが0.3カラットでもとても細かく丁寧にカットがされていて、その輝きがうっとりするくらい美しかったので、その指輪が気に入って選びました。

いろいろとあちこち歩き回って、いろんなブランドをまわってみましたが、その指輪の他にはなかなかしっくりしたものに出会えずにいましたので、「やっと、見つけられたわ」ととても嬉しい気持ちになりました。

彼のその当時の年収は、額面で450万円でした。手取りでは400万円くらいでした。

結婚前に結納し、婚約指輪を買い、結婚式の費用を出すのに精一杯で、結婚後は貯金がほぼなくなってしまったため、夫婦してかなりせっせと頑張って働きました。