彼の年収が200万円人はどんな婚約指輪を貰ったのでしょうか?

年収が200万円ということはお互い若い可能性があるので貰っていない場合もあるのですが、ここでは彼の年収別にそれぞれ見ていくことにします。

彼の年収が200万円で、貰ったのはジュエリーツツミの婚約指輪

 

ブランドの基準がわかりませんが、私の場合はジュエリーメーカーのジュエリーツツミの婚約指輪を頂きました。

お値段は税込みで100,000円、ダイヤは0.18カラットで、シンプルなデザインのストレートラインのプラチナ婚約指輪であります。

この婚約指輪を選んでくれた理由は…やはり彼(今は旦那ですが)の当初の年収が200万程度なので選択肢はそれほど多くはありません。

ジュエリーツツミ=庶民的、というイメージもありますし、現に指輪を始めとするネックレスやピアスやイヤリング等、結構安いですよね。

あと、住んでいる場所が地方の田舎ですので、それ程宝石店も多くはありませんし、やはり低予算に見合うものかつ敷居が高くなく気軽に立ち寄れる宝石店という点でも、ジュエリーツツミの店舗に入って二人で選んで決めました。

そもそもの婚約指輪の相場がわかりませんが、でも、安いけれども一応鑑定書も付いておりましたし、低予算でもそれなりにきちんとしたものを求める人にはジュエリーツツミでも良いのかなぁと感じました。

それと、私よりも彼の方がかなり年下なので、彼なりにその当時は頑張ってくれたんだと思います。

…本当は、10万円以下の8万円台のにしようかとも思ったんですが、やはり婚約指輪という一生の記念ものなので2万円をケチらなくても良いとの事でしたのでこれを貰う事にしました(10万円でもケチと言われればお終いですが)。

ダイヤは大きくなく指輪もシンプルなデザインなので、エンゲージリングでも普段使いのファッションの一部としてはめていても問題ないです。

彼からプラチナにダイヤの付いた婚約指輪をもらいました

私はノーブランドの指輪を貰いました。プラチナで0.05カラットのダイヤが付いたシンプルなものです。

夫の指輪は内側にダイヤが付いています。池袋のデパートで購入し、価格は一つ、7,8500円。二つで157,000円です。

この指輪を選んだ理由は、私に金属アレルギーがある為、プラチナの物を選びました。

そして小さくてもいいので、どうしても石の入った指輪か欲しかったので、検討に検討を重ねました。

石の種類にはこだわりがなかったのでダイヤでなくてもよかったのですが、夫がダイヤにした方が良いと言ってくれたので石はダイヤに決めて探しました。

ダイヤが入っているとやはり高価になります。予算が一つあたり10万以下で探していたので、そうなると地金がプラチナ製ではないものが多かった印象です。

そんな中、ブランド物でもないし、流行りのデザインでも無かったのですが希望通りの指輪を見つけました。

ブランドにも特にこだわりがなかったのですぐに決めました。

安かった理由は型が古いのと、ダイヤが小さいからという事でしたが、品質は良いものだと、デパートの店員さんが仰っていたので購入に至りました。